Questyle QPM ヘッドホンアンプ部強化の新DAP!

QP2Rで知られる中国のQuestyleからDAP新モデル・QPMが発売されるそうです。

https://www.questyle.com/en/product/qpm

QP2Rをベースにした上位モデルらしく、QP2Rとの最大の違いは、イヤホンのバランス接続端子が2.5mm径から4.4mm径に変更になっていることです。

そのほか、使用DACは旭化成エレクトロニクスのAK4490から変更なし、サイズも似たような感じで、それほど大きな違いはないのかな、と思いきや、ヘッドホンアンプの出力が2倍以上(約2.3倍)と大幅強化。

ヘッドホンアンプ部に定評のあるメーカーですが、それだけに大幅に手を入れているとしたらかえってどんな風に変わっているのか不安になる向きもありそうです。

出力が高いとバッテリー持ちが気になるところですが、10時間持つとなっているので、高音質志向のハイレゾDAPとしてはまずまずでしょう。デザインも変わっていますが、あまり使いやすさや機能を追求するタイプでないですし、ユーザーもそのあたりはわかって、割り切って使うような感じでしょうか。

本国ではすでに約2000ドルで販売しているところもあるようで、日本国内での発表もきっと近いはず。おそらく今月下旬のヘッドフォン祭りで明かされることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました