STAX SR-L500 MK2 リケーブル対応化した伝統のイヤースピーカー

スタックスがついにヘッドホンのリケーブルに対応します。

スタックスはコンデンサー型ヘッドホンの新モデル「SR-L700 MK2」と「SR-L500 MK2」を6月5日に発売。価格は「SR-L700 MK2」が148,000円、「SR-L500 MK2」が75,000円。
どちらもMK2のついていない従来モデルの後継機。

最大の違いはいずれもケーブル着脱に対応する点。ケーブル自体も従来モデルから変更。SR-L700MK2には、最上位モデル「SR-009S」に採用されているものと同様、6N(99.9999%)OFC+銀メッキ軟銅線による平行6芯幅広低容量ケーブルを付属。一方、SR-L500MK2は、HiFCを採用した平行6芯幅広低容量ケーブルを採用しています。

それだけでなく、いずれもアルミ製ケースホルダーを新採用。これにより、本体デザインの自由度が高まったことで、より装着感に優れたデザインに改良されているとしています。また、イヤーパッドと耳との密着度も向上。低音の量感など聴こえが改善しているとしています。
これら以外は従来機同様。物理スペックなども同じです。

再生周波数帯域はどちらのモデルも7Hz~41kHz、静電容量は110pF、インピーダンスは145kΩ、音圧感度101dB。バイアス電流はDC580V。ケーブルを含む重量は508g(L700 MK2)、479g(SR-L500 MK2)。

合理的な手法でうまくマイナーチェンジした印象。スタックスはつい先日も地上波のテレビ番組で取り上げられ、中国資本になったことと、それによるグローバル展開の展望が伝えられるなど、以前とはいろいろと異なる点が浮き彫りになりました。
リケーブル対応もこうしたなかでの新たな動きと言えます。ただ、今はイヤホンもヘッドホンもどこのメーカーもリケーブル対応は当たり前になっていますから、たいしたことではないでしょうが。

一方、積み上げられたスタックスの伝統技術は国内製造を維持するなど、今のところは守られているようです。ただ、資本主義的なグローバリゼーションが進む一方のなか、スタックスがどこまで頑張れるものなのか、注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました