Ar:tio CR-V1 ほか独自技術「WARP」を搭載したイヤホン

春のヘッドフォン祭り2019。紹介するならできるだけ変わったものを。

独特なイヤホンを多く送り出し続け、独自の地位を確立しているAr:tio(アルティオ)から、またも独創的なイヤホンが。

特許出願中の独自技術「WARP」なるものを搭載したカナル型イヤホン「CR-V1」「CR-M1」の2機種がそれ。

独自技術「WARP」とは、スピーカーで聴くような音をイヤホンで再現する技術、ということですが、高音質志向のイヤホンはみな、それを目指し、しかも難しいから大変なわけです。

では「WARP」は何をしているのか。通常のステレオスピーカーが本物らしく自然かつ立体的に聞こえている理由は左右チャンネルのそれぞれのスピーカーの音が空間に放射されることで、人間のそれぞれの耳に左右チャンネルの両方の音がブレンドされているから、というのがあります。

イヤホンはヘッドホンでは基本的に片方のチャンネルの音は逆の耳にはほとんど全く聴こえません。これだといわゆるチャンネルセパレーションが高いように感じますが、スピーカーによるステレオ再生の原理からするとむしろ不自然な音場再現性の要因となっています。

そこで、WARP技術では、片側chの信号にもう一方の側chの信号を適宜ブレンドすることでスピーカーで聴くようなサウンドを実現するというもの。

これは左右信号のセパレーションを高めて高音質を狙おうというイヤホンやヘッドホンのバランス接続(グラウンド分離接続)とは全く逆では。

以前からイヤホン、ヘッドホンの再生音が不自然な理由として普通に挙げられていましたが、「バランス接続」の台頭と商売上の理由からあまり触れられなくなったとは思っていましたが…。なお、同様な技術をヘッドホンで使用しているのが一部では話題になっているCROSSZONEですCROSSZONEも今回の祭りに出展していますし、これからは左右ch信号のブレンドで自然な音場再生を目指すイヤホン、ヘッドホンが増えるでしょうか?そうなるとバランス接続の立場は?

なお、イヤホンとしては両機ともダイナミック型1基構成。M1がアルミニウム筐体、V1がチタン筐体。V1のほうが上位でより高度な技術が盛り込まれているそうです。価格はM1が1万円代、V1は4万円以内を目指しているそうです。

Ar:tioはイヤホン業界に波風を立てるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました