サラウンドヘッドホンのおすすめ

スピーカーで聴くような、臨場感満点のサウンドを楽しみたい人におすすめしたいのが、サラウンドヘッドホン。手軽に5.1chや7.1chを楽しめ、自分の部屋では音楽を大音量で聴けない人にぴったり。

今回は、有線タイプと無線タイプに分けて、おすすめのサラウンドヘッドホンをご紹介します。

  1. サラウンドヘッドホンとは?
  2. サラウンドヘッドホンの選び方
    1. 用途で選ぶ
    2. チャンネル数で選ぶ
    3. 密閉型か開放型かで選ぶ
  3. 有線タイプと無線タイプで選ぶ
    1. 有線タイプの特徴
    2. 無線タイプの特徴
  4. 有線タイプのサラウンドヘッドホンおすすめモデル
    1. スティールシリーズ(SteelSeries) 密閉型ゲーミングヘッドセット Arctis 5 2019 Edition 7.1 Surround RGB Gaming Headset
    2. ロジクール(Logicool) ゲーミングヘッドセット G433
    3. レイザー(Razer) 7.1chゲーミングヘッドセット RZ04-02070100-R3M1
    4. バッファロー(iBUFFALO) 5.1chサラウンドシステム ゲーミングヘッドセット BSHSUH05BK
    5. Beexcellent 7.1CHゲーミングヘッドセット
    6. SteelSeries 7.1chサラウンド有線ゲーミングヘッドセット
    7. オースダム(AUSDOM) 密閉型ステレオヘッドホン AGH2
    8. ロジクール(Logicool) 7.1chゲーミングヘッドセット G433
    9. SADES 7.1chサラウンドゲーミングヘッドセット SA903
    10. キングストン(Kingston) HyperX Cloud Revolver S HX-HSCRS-GM/AS
    11. KOTION EACH ゲーミングヘッドホン G2200
    12. XIBERIA V10 ゲーミングヘッドセット USB
    13. キングストン(Kingston) ゲーミングヘッドセット HyperX Cloud II KHX-HSCP-RD
    14. CORSAIR Corsair HS60 Surround Carbon ゲーミングヘッドセット SP807 CA-9011173-AP
    15. EDIFIER ゲーミングヘッドセット EDR-G4GR
    16. CORSAIR Corsair VOID PRO ゲーミングヘッドセット SP762 CA-9011154-AP
    17. パナソニック(Panasonic) 密閉型サラウンドヘッドホン RP-HX350-K
  5. 無線タイプのサラウンドヘッドホンおすすめモデル
    1. ソニー(SONY) 9.1ch デジタルサラウンドヘッドホンシステム 密閉型 MDR-HW700DS
    2. ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) CUHJ-15007
    3. ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM2
    4. ゼンハイザー(Sennheiser) デジタルワイヤレスヘッドホン 密閉型 RS175
    5. パナソニック(Panasonic) 密閉型ワイヤレスヘッドホン RP-WF7-K
    6. レイザー(Razer) Thresher 7.1ch ワイヤレスヘッドセット RZ04-02230100-R3M1
    7. ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) ワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15001
    8. ASUSTek ゲーミングヘッドセット
    9. ロジクール(Logicool) 7.1サラウンド ワイヤレス ゲーミングヘッドセット G533
    10. レイザー(Razer) Thresher Ultimate for PS4(R) RZ04-01590100-R3A1
    11. ロジクール(Logicool) ゲーミングヘッドセット G933
    12. エイスース(ASUS) ワイヤレスゲーミングヘッドセット ROG Strix Wireless
    13. オーディオテクニカ(audio-technica) オープン型サラウンドワイヤレスヘッドホン ATH-DWL5500
  6. まとめ

サラウンドヘッドホンとは?

サラウンドヘッドホンとは、通常のステレオヘッドホンとは異なり、音の立体感や臨場感をより感じられる「立体音響=サラウンド」が楽しめるヘッドホンのこと。

映画館やホームシアターなどでも用いられるスピーカーサラウンドでは前方2本で完結するステレオ再生とは異なり、多数のスピーカーをリスナーを実際に囲むように設置するのが基本ですが、サラウンドヘッドホンでは普通のヘッドホンと基本的に変わらないスタイルなのもポイントです。

通常のヘッドホン同様の在り方で立体感を感じさせるために、サラウンドヘッドホンのほとんどは人間の聴感特性を利用して仮想的に立体感を感じさせる「バーチャルサラウンド」を採用しています。

サラウンドヘッドホンの選び方

用途で選ぶ

サラウンドヘッドホンは大きく分けて2つのコンテンツを楽しむために使われます。まずひとつは映画や音楽観賞用。自分が受動的に鑑賞するコンテンツのサウンドを立体的にすることでリアルな体験につながります。映像コンテンツの場合は「ドルビーデジタル」などのサラウンド規格に対応したヘッドホンがおすすめです。

音声サラウンド規格に対応するためには光/同軸デジタルあるいはHDMI入力を備えていることが必須。サラウンド規格も、DVDレベルの「ドルビーデジタル」までか、BDレベルの「ドルビーデジタル・プラス」をはじめとする「HDオーディオ」に対応するかもポイントです。

もうひとつはPCやPS4などのゲーム用。FPS・RPGなどではサウンドの立体感や臨場感がプレイをより楽しめるだけでなく、勝敗や結果を左右するほど重要なため、サラウンドヘッドホンの利用が広まっています。ゲーム用のサラウンドヘッドホンはプレイに必要なボイスチャット用のマイクを備える「ヘッドセット」タイプのモノがほとんどです。ゲームで勝つことを重視するなら、サラウンド品位や音質だけでなく、マイクの使いやすさや品位も見落とせません。

チャンネル数で選ぶ

「バーチャルサラウンド」は仮想的に再現するチャンネル数が多ければ多いほど立体感に富んだハイクオリティーサウンドと言えます。5.1ch・7.1ch・9.1chなどがありますが7.1chが主流です。ただ、チャンネル数が多ければよいのではなく、高音質な規格に対応していれば、5.1chでも十分に満足できます。

密閉型か開放型かで選ぶ

外部との遮断性を低めることで音の抜けを良くし、また、ヘッドホン特有の閉塞的な音場感を改善し、より自然で広い空間性を感じ取れるのが開放型ヘッドホンです。ハウジングに穴が開いていることから軽量で装着感がよく長時間使用もラクなのもメリットです。

反面、周囲の音が入り込みやすく、環境によっては音に集中できないこともあります。また、音漏れが激しいので、近くに人がいる状況での大音量使用はマナー違反です。聴いている内容を近くの人に知られたくない時も向いていません。

周囲の音を遮断し、再生音に集中しやすいのが密閉型。細かい音や重低音の再生能力にも優れる傾向です。音漏れも少ないので、人前でも使いやすいのもメリット。反面、重量感があり、長時間使用でも疲れることもあります。密閉度が高いため、蒸れやすいのも弱点。

どちらにもメリット・デメリットがあるのでよく考えて選びましょう。

有線タイプと無線タイプで選ぶ

有線タイプの特徴

有線タイプのサラウンドヘッドホンはそのほとんどがゲーム用途を意識したヘッドセットタイプです。その点では、ゲーム用のサラウンドヘッドホンを探している方に適しています。

というのも、有線タイプのヘッドホンはコードが煩わしくなるため、快適なリスニングを追求するサラウンド用途には向かないように見えますが、一方で有線タイプはゲームでは致命的になりかねない映像と音声のズレ(遅延)が起こらないというメリットがあるため、現在でもゲーム用サラウンドヘッドホンは有線タイプが主流です。

有線タイプのサラウンドヘッドホンというとUSB入力型がほとんどですが、専用のUSB-DACなどを介してサラウンドが楽しめる3.5mmのステレオミニ入力型もあり。両方に対応するモデルも少なからずあります。ただし、ステレオミニで機器と直接接続するとサラウンド再生はできないことが多いので要注意です。

無線タイプの特徴

無線タイプはケーブルの煩わしさがないのがメリット。一方で、ヘッドホンを無線化すると、映像鑑賞でもゲーム用途でも致命的になりかねない「遅延」が起こるのを防がなければなりません。そのため、無線タイプのサラウンドヘッドホンのほとんどは、トランスミッター(送信機)と本体の間の無線通信を遅延のほとんど起こらないデジタル方式による無線伝送を用いているものが大半です。

この点では現状では遅延が多いため、Bluetoothによる無線接続は映像用にはほとんど実用にならないのです。ただ、映像使用でも遅延が実用範囲におさまるaptX LLコーデックが開発され、送信、受信ともに対応している必要があるうえ、ほとんど普及していない現状ですが、将来的には期待されます。

また、マイク付きのヘッドセットタイプとそうでないタイプがあり、ヘッドセットタイプは主にゲーム向けです。FPSやRPGなどのゲームで際立つサラウンド感を意識した音響設計がなされています。

一方、ヘッドホンタイプはどちらかというと映画、音楽観賞向け。自然でリアルなサウンド傾向が普通です。送信機部分に光/同軸デジタルやHDMI入力を備えており、各種サラウンド規格の再生に対応しています。

有線タイプのサラウンドヘッドホンおすすめモデル

スティールシリーズ(SteelSeries) 密閉型ゲーミングヘッドセット Arctis 5 2019 Edition 7.1 Surround RGB Gaming Headset

USBと3.5mmの4極ミニプラグ入力に対応するサラウンドヘッドセットでゲーム用では定番の人気モデルです。WindowsPCとの接続時にはDTSサラウンドサウンドによる高品位な7.1chサラウンドが楽しめます。PS4/PS3とはミニプラグで接続可能でそのほか幅広い接続機器に対応できます。

ネオジム磁石を使用した40mmドライバーによる高音質再生で声も効果音もハッキリ聴こえます。環境ノイズを低減し、クリアな音声で会話できる「ClearCastマイクロフォン」もポイント。スキーゴーグルヘッドバンドとAirweave素材のイヤークッションによる快適な装着感も見逃せません。

幅広い機器で活躍できるおすすめ機です。

ロジクール(Logicool) ゲーミングヘッドセット G433

人気トップクラスのゲーミングヘッドセットです。USB/ミニプラグ入力両対応。付属のUSB-DACをPCに接続することで、「DTS
Headphone:X」技術による7.1chサラウンドを楽しめます。なお、PS4ともUSB接続可能ですがステレオ音声となるので要注意です。

独自の高音質スピーカードライバー「Pro-G」による高音質で、ゲーム、映画、音楽と素材を問わずハイクオリティーに楽しめます。着脱式マイクも便利です。もちろん、スカイプにも対応します。軽さと通気性のよさを兼ね備えたメッシュ素材のイヤーパッドで長時間使用も快適。

PC接続をメインに多彩なソースを楽しみたい方におすすめです。

レイザー(Razer) 7.1chゲーミングヘッドセット RZ04-02070100-R3M1

左右に5個ずつ、合計10個のドライバーを搭載することで7.1chサラウンドを実現した有線タイプのサラウンドヘッドホン。立体音響を生み出してくれるため、FPSなどライバルの位置を把握するのが重要なゲームで使えば正確に場所の認識ができ、ゲームを有利に進められます。

耐久性に優れているので、長時間のゲームや映画鑑賞などでも安心して使えるのが特徴。合皮製イヤークッションとヘッドバンドの組み合わせにより快適な付け心地に仕上がっています。単一指向性のマイクが搭載されており、自然な音声を通話中の相手に送れるのも魅力です。

バッファロー(iBUFFALO) 5.1chサラウンドシステム ゲーミングヘッドセット BSHSUH05BK

5.1サラウンドを実現した有線タイプのサラウンドヘッドセット。片側に4つずつ、合計8つのスピーカーを内蔵しているのが特徴です。これにより、DirectSound対応のFPSゲームで使用すれば敵の気配を感じるほどのリアルさと迫力が味わえます。

使用時の環境に合わせて手軽に音質を調節できる「Xear 3D Soundドライバー」を搭載。付属のコントローラーにより、マイクやスピーカーをミュートにしたりボリュームを調節したりという操作をスムーズに行えます。

周りの音が程よく聞こえる半密閉タイプのため、映画の鑑賞中でも周りの音を聞き取ることができ、例えば電話の着信があった際でも聞き逃しにくいのが特徴です。

Beexcellent 7.1CHゲーミングヘッドセット

7.1chサラウンドサウンドを実現した有線タイプのサラウンドヘッドホン。BeexcellentがリリースしたGM-1シリーズの上位モデルです。重さが244gと軽量な上に、耳を優しく包むソフトイヤーパッドを採用しているため長時間の使用でもストレスなく使い続けられます。

本体左側に付いている全指向性マイクロフォンは回転式のため、未使用時は上部に向けておけば邪魔にならないのがメリット。購入日から18ヶ月までのメーカー保証が付いており、初めてサラウンドヘッドホンを買う方でも安心して購入できます。

SteelSeries 7.1chサラウンド有線ゲーミングヘッドセット

有線タイプのサラウンドヘッドホン。7.1サラウンドサウンドを体感できるモデルで、多くのプロゲーマーに愛用されている人気の製品です。「SteelSeries Engine」により、本体のサウンドやイルミネーションなどを自由に設定・変更できます。

通気性の高い素材が採用されており、長時間の使用でも汗による不快感が起こりにくいのが特徴。また、雑音を抑える特殊加工が施されているため、ゲーム中などでノイズが聞こえにくいのもおすすめポイントです。

オースダム(AUSDOM) 密閉型ステレオヘッドホン AGH2

7.1chサラウンドサウンドを実現した有線タイプのサラウンドヘッドホン。低音を振動で表現するバイブレーション機能により、ゲームや映画鑑賞などで迫力と臨場感を味わえるのが特徴です。

優れたスピーカーと40mmマグネットドライバーが搭載されていることにより、Hi-Fi再生が行えるのもメリット。これにより力強い低音から繊細さのある高音までを忠実に再現できます。本体側面にLEDライトが採用されているため、ゲームをプレイする際の雰囲気を盛り上げられるのも魅力です。

ロジクール(Logicool) 7.1chゲーミングヘッドセット G433

7.1chサラウンドの音声が楽しめる有線タイプのモデル。特許出願中のPro-Gドライバーにより、デジタルサウンドとアナログサウンド両方の再生に最適化させられるのが特徴です。WindowsOSのパソコンを始め、Xbox・Nintendo
Switch・PS4などさまざまな機器に接続して使えます。

本体左側に搭載されたブームマイクは取り外しが可能。また、ブームマイクに採用されたフィルターにより高音質での音声チャットもできます。2年間の無償保証が付いており、安心して購入できるのが魅力です。

SADES 7.1chサラウンドゲーミングヘッドセット SA903

7.1chに対応しているUSB有線タイプのサラウンドヘッドホン。独自の40mm高解像度ドライバーにより、ゲーム中の音声をリアルに再現可能です。音量などを調節できるコントローラーがケーブルに搭載されているため、スムーズに操作ができます。

イヤーパッドには優れた通気性を持つ布素材が採用されており、使用中の汗や熱感を抑えられるのが特徴。快適な付け心地で映画やゲームを長時間楽しめます。

キングストン(Kingston) HyperX Cloud Revolver S HX-HSCRS-GM/AS

有線タイプのサラウンドヘッドホン。次世代型50ミリ指向性ドライバーを採用しており、力強い低音を楽しめるのが特徴です。また、ソフトウェア導入の必要がないため、パソコンやPS4などの機器に接続するだけですぐに使えます。

7基のスピーカーを内蔵しており、
臨場感のある高音質の音声が楽しめます。DSPサウンドカードの採用により、ゲーム中などでの雑音が抑えられているのもメリット。音量調節などを行うコントローラーのボタン部分にはLEDバックライトが内蔵されており、薄暗い室内でもスムーズに操作可能です。

KOTION EACH ゲーミングヘッドホン G2200

7.1chサウンドチップを採用したことで超低音の処理を可能にした有線タイプのサラウンドヘッドホン。密閉型かつ両耳オーバーヘッドタイプのモデルなので、頭にしっかりフィットするのが特徴です。ヘッドパッドは大きさの調節ができるため、自分の耳に合わせれば長時間でも違和感なく装着できます。

1年間の安心保証が付いており、仮にトラブルがあってもすぐに対処してもらえるため安心して購入できるのがおすすめポイントです。

XIBERIA V10 ゲーミングヘッドセット USB

コスパに優れている有線タイプのサラウンドヘッドホン。音質や素材の良さにこだわりながらもリーズナブルな価格設定のため、高品質なサラウンドヘッドホンを安く購入したい方におすすめです。

50mmのスピーカーユニットを搭載しており、迫力と臨場感のある重低音や高中音域を再現可能。サスペンションヘッドバンド機能を採用することで耐久性が上がっている上に、頭へのフィット感を自動で調節してくれるのも魅力です。

キングストン(Kingston) ゲーミングヘッドセット HyperX Cloud II KHX-HSCP-RD

7.1バーチャルサラウンドサウンドを楽しめる有線タイプのサラウンドヘッドホン。格闘ゲーム界のプロもおすすめする高品質アイテムです。53mmドライバーを採用しており、パワフルな低音を再現できます。

多機能のオーディオコントローラーが搭載されていることで、マイクの音量やサラウンドサウンドの切り替えなどの操作が手軽に行えるのもポイント。形状記憶タイプのヘッドバンドとレザーレットクッションにより、快適な付け心地を味わえるのも魅力です。

CORSAIR Corsair HS60 Surround Carbon ゲーミングヘッドセット SP807 CA-9011173-AP

7.1chバーチャルサラウンドを再現できる有線タイプのサラウンドヘッドホン。パソコンだけでなくPS4やNintendo Switchなどのゲーム機にも接続して使用可能です。

単一指向性タイプのマイクを搭載しているのが特徴。ノイズキャンセリング機能も採用されているため、ボイスチャットを使うときなどでも雑音が気になりません。マイクを使用しないときは取り外せるのもポイントです。

EDIFIER ゲーミングヘッドセット EDR-G4GR

7.1chバーチャルサラウンドサウンドを再現できるUSB接続専用有線タイプのサラウンドヘッドホン。LEDエフェクトとバイブレーション効果により、ゲームをプレイするときに演出で盛り上げてくれます。自由に伸縮できるフレキシブルマイクが採用されており、好きな位置にセットできるのもポイントです。

ソフトレザーイヤーパッドを用いているため、快適に装着できて耳の負担になりにくいのが魅力。また、オーバーヘッドタイプのモデルなので頭にしっかりとフィットさせることができます。

CORSAIR Corsair VOID PRO ゲーミングヘッドセット SP762 CA-9011154-AP

50mmの大口径ネオジウムドライバーを搭載している有線タイプのモデル。ドルビー7.1chサラウンドに対応しているのが特徴です。専用のソフトウェア「Corsair Utility Engine」を使えば直感的にヘッドホンの設定を操作できます。

RGB発光するバックライトがロゴの部分に搭載されており、使用時に点灯して雰囲気を盛り上げてくれるのがポイント。形状記憶フォームと優れた通気性を持つマイクロファイバーを採用することで、装着時に湿気や熱がこもりづらくなっているのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) 密閉型サラウンドヘッドホン RP-HX350-K

無料の専用スマホアプリ「Music Live by DTS Headphone:X」を使うことで、専用コンテンツに限って最大11.1chのマルチサラウンドが体感できる有線タイプのサラウンドヘッドホン。スピーカーに囲まれたような臨場感のある音声が味わえます。

耳の形に合うように設計されたイヤーパッドが搭載されており、音漏れが起こりにくいのもメリット。また、イヤークッションに柔らかい素材が使われているため、ゲームや映画などを長時間楽しむ場合でも耳の負担を感じにくいのが特徴です。「スイーベル」と呼ばれる折りたたみ機構が用いられており、平らに折りたためるので手軽に持ち運べます。

無線タイプのサラウンドヘッドホンおすすめモデル

ソニー(SONY) 9.1ch デジタルサラウンドヘッドホンシステム 密閉型 MDR-HW700DS

9.1chサラウンドを再現できる無線タイプのハイクオリティーモデル。ゲームや映画鑑賞などコンテンツを問わず、迫力と臨場感のあるサウンドが楽しめます。

ワイヤレスヘッドホンとして貴重なHDMI入力対応なのもポイント。これにより、ブルーレイのHD音声規格にも対応するハイスペックを実現しています。

大口径50mmドーム型ドライバーユニットによる大型オーバーイヤー密閉型。スケール感と緻密さを両立したワイドレンジサウンドを存分に堪能できます。

「オートパワーオン/オフ機能」を採用しているのも特徴。本体を装着すれば電源が自動でオンになり、外せば自動で電源がオフになるため使いやすくて便利です。

USB接続で充電でき、約3時間の充電で約12時間まで使用可能。デュアルバンド無線伝送方式を採用しており、2.4GHz帯が混雑した際は自動的に5GHz帯へと切り替わるためサウンドが途切れにくいのも魅力です。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) CUHJ-15007

PS4/Vita対応のソニー純正ワイヤレスヘッドセット。従来機・CUHJ-15001の後継機で、約22%の軽量化し、長時間使用でも快適に装着できるようにデザインも改良されています。

付属のアダプターをPS4本体USBポートに接続するだけの簡単セッティング。
7.1chバーチャルサラウンドにより、広大な空間表現力と、FPSゲームに有利な立体的な音情報が聴き取れます。対応ゲームに最適化したサラウンドを実現できる専用アプリまで用意。

有線接続にも対応し、普通のヘッドセットとしても使えます。なお、Vitaで使用する場合は有線接続のみ対応。PS4用ならイチオシです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM2

高性能と多機能を兼ね備えたBluetooth対応ワイヤレスヘッドホンです。高性能なノイズキャンセリング機能に加え、Bluetoothでハイレゾ相当の伝送が可能な「LDAC」コーデックに対応。

非ハイレゾ音源もハイレゾ相当にアップコンバートしてくれる「DSEE HX」も備えるので、幅広い音源を高音質で再生可能。専用スマホアプリでは騒音低減の調節から音質調整まで多彩な機能を操れます。

音質的に有利なオーバーイヤー型ながら折り畳みにも対応。30時間のロングバッテリーも魅力です。有線接続にも対応。屋内外で活躍できる汎用性の高さは幅広いユーザーにおすすめできます。
さらに、本モデルはBluetoothヘッドホンでは珍しい、サラウンド再生に対応。Bluetooth接続かつ、SBCコーデックのみで専用スマホアプリ使用時に利用できます。サラウンドヘッドホンとしての使用範囲は限られますが、高音質なステレオヘッドホンとして幅広く使えるので、一考の価値はあります。映像では遅延が避けられないので、音楽オンリーでサラウンドを楽しみたい用途に使えます。

ゼンハイザー(Sennheiser) デジタルワイヤレスヘッドホン 密閉型 RS175

最大100mの伝送距離を誇るサラウンドヘッドホン。重厚感のあるシンプルなデザインが特徴です。BASSブーストシステムを採用しているため、力強い低音を再現できます。本体と受信機の両方に電源スイッチが付いており、手軽に操作できるのもポイントです。

本体の重量が軽い上に、優れたクッション性を持つイヤーパッドが搭載されているため耳の負担を気にせず長時間使用できます。

クラシック音楽をはじめとするアコースティック音楽の再現性に定評のあるゼンハイザーだけに、音楽鑑賞用におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 密閉型ワイヤレスヘッドホン RP-WF7-K

デジタル無線タイプのサラウンドヘッドホン。ドルビーデジタル、DTS、AACといった各種サラウンド規格に最大7.1chで対応。7.1chサラウンドによるリアルで迫力のあるサウンドを聴かせてくれるのが特徴です。本体のトランスリミッターは薄型ボディなので、テレビ台の棚などにもラクに収納できます。

227gと軽量なので長時間のゲームや映画などでも重さがあまり気になりません。また、イヤーパッドの上部にはウレタン素材が使われており、3Dメガネを掛けてコンテンツを楽しみたいときでもストレスを感じにくいのがポイントです。

レイザー(Razer) Thresher 7.1ch ワイヤレスヘッドセット RZ04-02230100-R3M1

7.1chサラウンドを堪能できる無線タイプのサラウンドヘッドホン。充電1回あたりで最大16時間まで使い続けられるため、バッテリー切れを気にせずに長く使い続けられるのが特徴です。

イヤーカップには格納式ブームマイクが搭載されており、未使用時には完全収納できるため邪魔になりません。優れた遮音性を持つイヤークッションが採用されているため、周りの雑音を気にせず映画鑑賞やゲームのプレイに集中できるのもメリットです。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) ワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15001

PS4やPS3などのゲーム機で使える無線タイプのサラウンドヘッドホン。7.1chバーチャルサラウンドによる臨場感のある音を楽しめるのが特徴です。ノイズキャンセリング機能付きのマイクを搭載しており、雑音を気にせずにボイスチャットができます。

コンパクトに折りたたむための折り目が付いており、スムーズに収納できるのもポイント。また、専用のポーチが付属しているため手軽に持ち運ぶことが可能です。

ASUSTek ゲーミングヘッドセット

7.1chサラウンドでの音声を楽しめる無線タイプのサラウンドヘッドホン。専用のソフトウェアなどを導入する必要がないため、接続すればすぐに使用可能です。

大型のドライバーを搭載しており、強力な重低音を再現できるのが特徴。また、ドライバーに金属製カバーを採用することでクリアな音声を生み出しています。楕円形をした独自のイヤークッションにより、快適な付け心地と遮音性の高さが両立しているのもポイントです。

ロジクール(Logicool) 7.1サラウンド ワイヤレス ゲーミングヘッドセット G533

7.1サラウンドサウンドを再現できる無線タイプのサラウンドヘッドホン。充電1回あたりで最大15時間まで使い続けられるため、ゲーム中の充電切れを気にせずに使えるのがメリットです。

ノイズキャンセリング使用のマイクが搭載されており、ボイスチャットをするときに雑音が気になりにくいのもポイント。ロスレスオーディオ伝送により最大15mの受信距離を誇る上に、音声の遅れなども起こりづらく快適に使えます。

レイザー(Razer) Thresher Ultimate for PS4(R) RZ04-01590100-R3A1

PS4とPCの両方でサラウンド再生に対応したワイヤレスゲーミングヘッドセットです。光デジタルとUSBの2つの入力を装備し、PS4をはじめとした幅広い機器との接続に対応。

ドルビーデジタルとドルビーヘッドホンに対応し、7.1chサラウンドの立体音響を楽しめます。遅延の無いワイヤレス技術を採用し、最大12mの範囲でコードレス動作可能。

メガネをかけたままでも快適な、形状記憶フォーム素材イヤークッションを採用しているのも見逃せません。PCと据え置き型ゲーム機とで同じワイヤレスヘッドセットを使いたい方にイチオシ。

ロジクール(Logicool) ゲーミングヘッドセット G933

USBと3.5mmミニプラグ入力に対応するワイヤレスヘッドセット。PS4のUSBポートに「USBワイヤレスミックスアダプター」を接続すれば、ワイヤレス接続をすることが可能。PCとの接続時には7.1chサラウンドサウンドや音質イコライザーといった豊富な機能が使え、FPSやPUBGの臨場感も高まります。

また、最大で3つの機器と接続できる「マルチソースオーディオ」に対応しているのもポイント。PS4をステレオミニで接続、PCとUSBでも同時に接続し、ゲームをしながらをするといった使い方もできます。複数の機器を自在に使いこなしたい方におすすめです。

エイスース(ASUS) ワイヤレスゲーミングヘッドセット ROG Strix Wireless

ワイヤレス接続対応にしては安いゲーミングヘッドセットです。付属のUSB無線レシーバーをPC/PS4やPCのUSBポートに挿すことでワイヤレス接続できます。また、3.5mmミニジャック機器との本体有線接続も可能。7.1chバーチャルサラウンド機能も搭載。FPS、PUBGゲーム内の敵の音やエンジン音などを、音のする方向から鳴らすことができますよ。大口径60mmネオジムマグネットドライバーは音声の聴き取りにも優れています。

オーディオテクニカ(audio-technica) オープン型サラウンドワイヤレスヘッドホン ATH-DWL5500

ヘッドホン部の高音質が際立つ映画鑑賞向けのワイヤレスヘッドホンです。ワイヤレスヘッドホンとして最大級の大口径53mmドライバーを採用した開放型を採用。同社数万円クラスの有線機と同等内容なので、映画、音楽問わず卓越した再現性を持つ高音質です。

自然な質感再現性と緻密さを備えた音が楽しめます。デジタル入力により各種サラウンドにも対応。空間表現力も一流です。HDMI入力を備えないのが残念ですが、実用上の問題はそれほどありません。音楽も高音質に聴きたいならワイヤレスタイプでは最もおすすめです。問題は生産終了品で後継機もないこと。中古でのみ手に入るサラウンドヘッドホンの名機なのです。

まとめ

「スピーカーで臨場感満点の音楽を聴きたいけど、隣の部屋に音漏れして迷惑を掛けたくない」と思っている人に、おすすめしたいのがサラウンドヘッドホン。最大で9.1chまで楽しめるので、本格的に音楽を聴きたい人もぜひ挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました