Lotoo PAW 6000 4.4mm径バランス端子搭載で15万円前後のDAP登場か?

中国のLotooは、18日から北京で行われるThe 3rd China (Beijing) Headphones Exhibitionにおいて、ミドルクラスDAPの新モデル・PAW6000を披露すると発表しています(Lotoo.jpなどの情報)。
今回は詳細は発表されませんが、日本での初披露は7月6日の「ポタ研」となる予定ともしています。
LotooのDAPラインナップは極端で、現行フラグシップのPAW Gold TOUCHが40万円台前半、次が PAW 5000 MKII JP Editionでいきなり約5万円、そしてローエンドにPAW Pico JP Editionで約2.5万円と、いわゆる10万円前後くらいのミドルクラスがありません。ほかに、PAW Goldが約28万円でありました。
ですから、そのあたりを埋めるべく、今回のPAW 6000が投入されるものと思われます。詳細は不明ですが、おそらく4.4mm径でのバランス出力の搭載が見込まれます。価格は1万元を超えない程度とも言われていて、15万円以内くらいのようです。
国内オーディオメーカー関係者によるツイッター上での今回の展示品の感想が上がっていて、音も操作感も良好、重量はPAW Gold TOUCH(311g)よりも100gほど軽い、といった情報もあります。
Lotooは音質的な評価は高いだけに、ミドルクラスでの展開は本当に楽しみです。続報を待ちたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました