Bose Earbuds 500 ほか注目モデル全3機種!

アメリカのボーズが、イヤホンとヘッドホン合わせて3機種を本国で発表しました。
「Noise Cancelling Headphones 700」というノイズキャンセリング機能付きBluetoothヘッドホンと、「Noise Cancelling Earbuds 700」というボーズ初のノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホン、そして、通常の完全ワイヤレスイヤホンの「Earbuds 500」。

「Noise Cancelling Headphones 700」はQC35/QC35Ⅱの後継機で、いくらかノイズキャンセリング性能を上げた上で、ノイズキャンセリングのレベルを11段階で調整可能。また、各種音声アシスタントの呼び出しにも対応。

「Noise Cancelling Earbuds 700」も同様のノイズキャンセリング機能を搭載するようです。
「Earbuds 500」は「Bose SoundSport Free」の後継機で、サイズを小型化したことと、本体の操作がタッチ式になったことが主な違い。3つともボーズ独自の音のAR機能「Bose AR」にも対応しているのも新しいところ。

ノイズキャンセリング機能搭載機がどうしても注目されますが、一部できのこのようだとも揶揄されている「Bose SoundSport Free」がどれだけ小型化したのかは注目です。ノイズキャンセリングが付いているから大きいのだという言い訳が通用しないだけに。

もっとも、ボーズというネームバリューは大きく、「Bose SoundSport Free」よりも小型で高性能、価格も安い中堅、中小メーカー製の完全ワイヤレスイヤホンは、今ならいくらでもあると思いますが、それらよりボーズが売れているようですし。

ボーズもAirPodsに比べたら全然売れてないわけで、性能やコスパだけではなかなか難しい現実があります。

ボーズのノイズキャンセリング性能は実際に高いので、「Noise Cancelling Earbuds 700」の性能面での期待はできると思いますが。

完全ワイヤレスイヤホン+Bose

コメント

タイトルとURLをコピーしました