FiiO FA7J ハイコスパな4BA高級イヤホン登場か!

イヤホン

中国のフィーオ(FiiO)からユニバーサルイヤホン2モデルが6月7日に発売されました。「FA7J」と「FA1J」。実売予想価格はFA7Jが38,000円前後、FA1Jが12,500円前後です。 ここでは上位モデルの「FA7J」を取り上げます。

4BA構成のカナル型イヤホン。シュア掛け対応のIEMタイプのデザインで、MMCXリケーブルに対応。また、ハイレゾ対応再生周波数帯域など、この価格帯の高級イヤホンとして押さえたいところはしっかり押さえてあります。海外で発売されている「FA7」というモデルを日本向けに「色付けの少ないモニター志向のチューニング」で音質設計したモデルでもあります。

内容面ではKnowles製のBAドライバーを搭載し、3Dプリント技術による小型で装着性の高いシェルを採用するなど、他の中国メーカーの同価格帯よりも上質感のある内容はさすがにFiiOと言った感じです。

EUクラスIIa医療機器規則適合の高透明度樹脂素材を使い、世界中の多くの耳型から導き出したというデザイン、ケーブルは銀メッキ処理高純度単結晶銅線を採用など、同価格帯のイヤホンとしてはかなり凝った内容。ケーブルはMMCX対応で、長さは1.2m。プラグは3.5mm径。

再生周波数帯域は20Hz〜40kHz、インピーダンスは23Ω。

イベントでの試聴や購入者の方の感想をネットで見ると、かなり好意的なものが多く、しかも高級イヤホンとしてのハイコスパが際立っているような印象です。たとえばソニーのIER-M7よりも好印象だったなどです。ソニー同様のメリットとしては自社製DAPと使えば音質的マッチングが良好であろうということで、イヤホン専業メーカーにはまねできない点でもあります。

一方で、海外モデルの無印版との音の違いが気になる向きもあるようです。「FA7J」のほうがモニター志向としていますが、無印のほうがフラットバランスに聴こえるという意見がネット上では多く見られます。また、無印は海外では3万円台半ばで買えるのも気になる違いです。

それでも本モデルは高級イヤホンではやりのバランスケーブルやBluetoothレシーバーを付属していない点は価格を抑える要因になっています。FiiOは各種ケーブルの付属を消極的なわけではなく、RC-BT with FH1のように実売1万円クラスながら、3.5mm径、2.5mm径バランス、さらにBluetooth接続に付属MMCXケーブルの付け替えで対応できるモデルも出しています。要はうまく製品をすみわけしているわけです。

FA7Jクラスのユーザーならバランス接続やBluetooth接続には自分でケーブルを買って対応するだろう、というマーケティングもあるのでしょう。一方、合計13種類ものイヤーチップが同梱と、力を入れる部分にはしっかりしています。

「FA7J」が5万円前後のクラスのイヤホンでどれだけの存在感を出せるのか、DAPの新製品M11などとともに注目です(イヤホン+FiiO)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました