TRIODE MUSASHI 同社初のKT150使用真空管プリメインアンプ

アンプ

トライオードは、真空管式プリメインアンプ「MUSASHI」を、8月1日より一部販売店で発売します。価格は58万円。

同社製品では初めてKT150を採用したモデルで、AB級プッシュプルの回路構成により定格出力100W+100Wという真空管式としてはかなりのパワーが特徴です。KT150×4基に加え、12AU7真空管を4基使用。フロントパネルにはバイアスメーターを装備。シャーシ天面のバイアス調整ボリュームでバイアス調整ができます。

創立25周年を記念し、海外市場向けに開発・販売されていたアンプが国内販売される形。モデル名は、同社の本拠地である埼玉県にちなんで命名したということですが、本体の上部にはアルファベットの「MUSASHI」とともに、書道体の「武蔵」という漢字も印刷されているので、このあたりに海外を意識したところがうかがえます。

ライン入力4系統、フォノ入力(MM)1系統のほか、本機をパワーアンプとして使えるメイン入力を持つので、いろいろと便利に使えます。

周波数特性は8Hz~70kHz(-3dB)で、SN比は93dBと最新設計らしいスペックで、ハイレゾ音源にも十分対応できそうです。

外形寸法が440×370×220mm(幅×奥行き×高さ)、重量が34.5kg。真空管ボンネット、電源ケーブル、リモコンを付属と、これも現代的な内容。

トライオードの真空管アンプとしては高価ですが、これを国内外の他の有名メーカーが作ったらこの価格では収まらないでしょう。中国メーカーならこれよりも安く作れるでしょうが、製品の安定性などに少し不安が残ります。

国内向けの真空管アンプとしては出力がやたらなほど大きく、やはり、海外のユーザー向けという印象はあります。それでも国内で買う人も、パワーアンプとして2台使って大音量でバイアンプで聴いたりしそうですが。

トライオードというと、初心者からライトユーザーまでを対象に、ハイクオリティーながら手軽な真空管アンプを得意にしている印象です。ただ、本機はそれらとは一線を画す高額というだけでなく、販路も変えています。なんでも、トライオードプレミアムショップとして認定された販売店のみ販売可能で、インターネット上での販売は行われないのだとか。しかも、今後もこうしたプレミアムモデルがさらに登場する予定だとか。

トライオードも本格マニア相手の高級路線を重視しないと大変なのか、単にラインナップを充実させていくだけなのか、気になることではあります。

従来モデルはこれまでどおりインターネットや一般的なお店でも買えますので、一安心ですが(真空管プリメインアンプ+TRIODE)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました