SONY SRS-XB402GとSRS-XB402Mを比較しての違いは?

オーディオ

ソニーから、音声アシスタントに対応したスマートスピーカー2モデルが発売されます。

Googleアシスタント対応「SRS-XB402G」、Amazon Alexa対応「SRS-XB402M」の2機種。いずれも8月31日発売。オープン価格で予想実売価格は27,000円前後です。

SRS-XB402GとSRS-XB402Mに共通する内容

重低音再生を強化したBluetoothスピーカー「EXTRA BASS」シリーズの新モデルという位置づけ。これまでは音声アシスタントに対応してこなかったので、「XBシリーズならではの重低音や臨場感といった音の良さを重視しながら、音声アシスタントの便利さを加えたスピーカーに仕上げた」としていて、つまりは「EXTRA BASS」シリーズ初のスマートスピーカーということです。

外形寸法は143×122×195mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約1,500g。

それぞれの音声アシスタントの利用により、スピーカーに話しかけるだけで音楽配信サービスを再生したり、Web検索や天気などの情報収集、カレンダー読み上げ、目覚まし、ネットショッピングなどに活用できるほか、対応するテレビやスピーカー、照明などのコントロールも可能です。

従来の「EXTRA BASS」シリーズ同様、バッテリー駆動できるポータブルスピーカーという面と、「EXTRA BASS」シリーズの上位モデルになるほど顕著である、にぎやかなライティング機能による、ホームパーティーなどでの盛り上げ効果も狙ったモデルです。

IP67の防塵・防水性能に加え、海での使用にも強い防錆の筐体設計を採用しているのでアウトドアでも活躍可能。内蔵バッテリーでの最大再生時間は12時間。充電時間は約6時間で、microUSBもしくは付属ACアダプターで充電可能。

内部に埋め込まれたライトが光る「ライティング機能」は凝っていて、曲に合わせて天面のストロボフラッシュと、3方向に配したマルチカラーのトリプルラインライトが光ます。また、8つもの照明モードから選べるようになっています。

デュアル・パッシブラジエーターや、広範囲に大音圧を届けられるという新開発のエッジによって、結構コンパクトなサイズながら、充実の重低音を聴かせるとしています。また、新しい開口パターンのグリルフレームにより、中高音のクリアさも備えていると言います。

音場を広げ“ライブのような臨場感”が得られるという「ライブサウンド機能」を搭載。ステレオ効果の出にくい一体型スピーカーの弱点を補う機能と言えるでしょう。

Bluetoohの対応コーデックはSBC/AAC。NFCでのペアリングや有線接続には対応しないのは残念。

SRS-XB402GとSRS-XB402Mを比較しての違い

気になるのはこの2機種の違いです。見た目は全くと言っていいほど同じ。言われなくてもわかるのは対応する音声アシスタントの違い。あるいは、違いはこれだけかと思ったら、意外に細かく違います。

バッテリー残量確認において、XB402Gが4つのLEDでの表示に対し、XB402Mでは音声読み上げとなっています。また、ライティングモードは、XB402Gがラインライトで表現、XB402Mがモード名を読み上げるのも違い。デザイン面では、マイクミュートLEDがXB402Mにのみ搭載される違いもあります。

Amazon Alexa対応機のほうが音声読み上げにこだわっています。なぜ、このような仕様の違いがあるのかはわかりません。

SRS-XB402GとSRS-XB402Mの総評とおすすめユーザー

総じて、ソニーならではの高音質技術は投入されているBluetoothスピーカーと言えます。ただ、ハイレゾやLDACコーデック対応、DSEEといった、より高音質志向の技術までは搭載されていません。室内でのパーティーやアウトドア向けをメインに、幅広いライトユーザー向けという位置づけのためでしょう。

ただ、ライトユーザー向けならば、有線入力は欲しかったところです。ステレオミニ1系統でよいので。さらに、2台あるいは3台以上使用してステレオ感や音の広がりを高めた再生が可能だともっとよかったとも思います。

LDACやDSEEがないとなれば、アウトドアにも対応できるタフなポータブルスピーカーという点ではJBLあたりのほうが完成度は高いかもしれません。

本機はやはり音声アシスタントへの対応が大きなポイントです。いずれかの音声アシスタントを積極的に使う前提の方におすすめできるでしょう。アウトドアにも持ち出せて、タフというのもポイントです。アクティブなユーザー向けのスマートスピーカー、と言ったところでしょうか(スマートスピーカー+SONY)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました