ハイセンス 43F60E 43型で約4.5万円の4K対応テレビ!HDRはHLGにも対応!

テレビ

リーズナブルな4Kテレビで人気のハイセンスが、今度は4Kチューナーなしの4K対応テレビの格安モデルの新型を2モデル発売します。

同社4K液晶テレビのスタンダードモデル「F60E」シリーズとして、50型と43型の2機種を9月上旬に発売。オープン価格で、実売予想価格は50型「50F60E」が5万円前後、43型「43F60E」が45,000円前後となります。

もちろん、3,840×2,160ドットの4K液晶パネルを採用。パネルタイプはVAです。直下型バックライトを採用。HDMI入力は4系統。

チューナーは、地上デジタル/BS/110度CSデジタルの3波Wチューナー構成で、4Kチューナーは内蔵していません。これにより、4Kチューナー内蔵型よりも1万円以上安くすることができています。別売りHDDへの裏禄対応の録画機能を搭載しています。

特徴は格安4K対応テレビでは珍しいHLG対応

HDRにも対応。それも、格安4K対応テレビでは珍しく、標準規格のHDR 10に加えて、4K放送で採用されているHLGにも対応。4Kチューナーやレコーダーを追加購入した際にHLGでの高画質が楽しめます。

格安4K対応テレビでは搭載していないこともある、4Kアップコンバート機能も搭載。ハイクラスモデルまで取り揃え、東芝の技術も擁するハイセンスだけに、このあたりも期待はできそうです。

ただ、さすがに、東芝由来の高画質エンジンを搭載している感じはあまりありません。機能性もシンプルなようです。

43F60E・50F60Eが向いているユーザーは

4Kは配信やゲーム、UHD BDなどでおもに楽しむというユーザーで、まだ4Kチューナーや4Kチューナー内蔵録画機は要らない、でも、将来的には4Kチューナーや4Kチューナー内蔵録画機を用意して、HLG規格のHDRも楽しみたいというビジョンを持っているユーザーで、なおかつ、現在、できるだけ予算を抑えたい人に向いているテレビと言えるでしょうか。

あとは、安さが勝負のゾーンであるだけに、実売価格がどこまで下がるかもポイントでしょう(4Kテレビ+ハイセンス)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました