SHANLING UP2 LDAC対応の小型Bluetoothレシーバー!M0と比較しての違いは?

DAC

MUSINは、SHANLINGの新製品として、Bluetoothレシーバー「UP2」を8月30日に発売します。オープン価格で、実売予想価格は9,504円前後(税込)。

外形寸法は55×27×12mm(縦×横×厚さ)で、重量は26gと超小型で超軽量。

Bluetooth 5.0に対応。BluetoothのチップはQualcommの「CSR8675」を採用し、コーデックはSBC/AAC/aptX/aptX LL/aptX HD/LHDC/LDACと幅広くサポートするのが特徴のBluetoothレシーバー。内蔵バッテリーでSBCコーデック時は11時間の駆動が可能。充電所要時間は2時間。

イヤホン出力端子は3.5mmステレオミニ1系統。スマートフォンなどとワイヤレスで接続して手持ちの有線イヤホンやヘッドホンを使って楽しめます。出力インピーダンスは0.25Ω。ボリュームは64段階で調整できます。

また、以上のようなBluetoothレシーバーとしての使い方のほかに、USB-Cポートも備えており、PCとUSB接続し、USB-DAC/ヘッドホンアンプとして使うこともできます。

DACチップは、ESS ES9218Pを搭載。オーディオ回路はリーズナブルかつ小型のハイレゾプレーヤーとして人気のDAP「M0」(実売約1.4万円)から継承しているということで、高音質で完成度の高いサウンドが期待できます。Bluetoothレシーバーとしても同様の内容であるなら、双方向の送受信が可能なはずです。

基本的にはM0から、microSDカードスロットを除いて、DAP機能やディスプレイ機能を省いたようなモデル(M0はUSBオーディオ出力も可能などかなり多機能ですが、どこまでUP2がM0譲りの機能なのか少しわからない部分もあります)。その分、小型・軽量化も果たしています。M0でも小型・軽量(40×45×13.5mm、重量は約38g)なので、それでもいいような気はしますが、価格も実売で5千円以上くらい違いますし、ニーズもあるのでしょう。

microSDカードからの再生はできない分、USB-DACの対応音源スペックは気になりますが、あまりそのあたりを気にするような使い方の機器でもないでしょう。

それでも、本機の基本的な性能や音質は結構なものがあるでしょうから、Bluetoothレシーバーとしてわざわざ単体で買う以上は、LDACやaptX HDのようなハイレゾ相当の伝送が可能なコーデックで楽しみたいところです。

あと、SHANLINGのBluetoothレシーバーに期待されるのは、イヤホンのバランス接続に対応した新モデルでしょうか。もちろん、1万円台くらいからの手頃な価格で。ただ、それはFiiOのほうが得意な内容かもしれません(Bluetoothレシーバー+SHANLING)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました