SONY NW-A100TPS ウォークマン40周年記念モデル TPS-L2モチーフ!

DAP

ソニーは、“ウォークマン”の40周年記念モデルとして、カセットテープウォークマン「TPS-L2」のデザインを模した専用ケースなどをセットにし、本体には特別ロゴを印刷した「NW-A100TPS」をIFA2019で公開しました。11月発売で、価格は440ユーロ。

同時発表のハイレゾウォークマンのエントリークラスモデル・NW-A100シリーズをベースにした特別モデル。本体背面にウォークマン40周年記念特別ロゴを印刷するほか、カセットテープ時代の名機「TPS-L2」のデザインを模した専用ソフトケースが付属するのが大きな特徴。

本体画面がカセットテープの画像になる新機能もNW-A100シリーズ同様に搭載。しかも、再生している音楽の品質によって変化。CDクオリティ未満の場合は、ノーマルポジション(廉価/普及/上級)で、CDクオリティではハイポジ(初代/JHFの後続/UCXの上位)、フェリクローム(メタルテープ以前の最高級)、ハイレゾではメタル(初代メタルテープ)、メタル・マスター(最高級メタルテープ)が表示されます。

再生時や早送り、巻き戻し時にもそれに沿った動きになるのもポイントです。

ハイレゾウォークマンとしてはNW-A100シリーズと内容はほとんど同じ

ハイレゾウォークマンとしてはNW-A100シリーズと内容は同じ。Android OSを採用。AndroidおよびWi-Fi機能の内蔵によって、サブスクリプション型を始めとする各種音楽配信サービスや動画サービスを本機単独で再生したりコンテンツをダウンロードしたりすることが可能になりました。

PCとの接続や充電等用の端子に、長年採用してきた独自のWMポートを廃止し、USB-C端子に変更したのも思い切った変更。

ハイレゾ音源は192kHz/24bitまでのPCMに加えて、DSD 11.2MHzのPCM変換再生も可能。MQA音源の再生にも対応。また、Bluetoothではハイレゾ相当のデータ量を伝送できるLDACやaptX HDコーデックにも対応とこれまでのハイレゾウォークマンのエントリークラスモデルと同様です。

バランス接続以外は、ほぼ現在の最新ハイレゾDAPに求められる内容、機能は網羅している印象。

本機の場合はそれよりも、ウォークマン40周年モデルとしての固有の価値が重要でしょう。意外とリーズナブルというか、多くの人が手にできるクラスのモデルで40周年記念機を出してくれましたが、ウォークマンの当初のコンセプトが、リーズナブルにアウトドアでいつでもどこでも音楽を聴けるというものだっただけに、納得できる気がします。

NW-A100シリーズそのものは従来のNW-A50シリーズの後継。Android OSを採用したことによる、各種ストリーミング再生への対応やGoogle Play対応による多機能化など、かなりの違いがあります。色々見ていくと結構NW-A50と一長一短の部分もあるように思えます。NW-A100についてはまた別の記事でもっと詳しく取り上げたいと思います(DAP+SONY)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました