KRIPTON KX-5PX 新ブックシェルフ型スピーカー!KX-5Pと比較しての違いは?

スピーカー

KRIPTONの新ブックシェルフ型スピーカー KX-5PX

クリプトン(KRIPTON)のブックシェルフ型スピーカーに新モデル。同社の看板シリーズともいえる「KX-5」シリーズの三代目モデル「KX-5PX」が10月下旬に発売されます。価格はペアで498,000円。

従来モデル「KX-5P」(2015年・485,000円)のマイナーチェンジモデル。結論から言って、大がかりな変更はなく、ウーファー、ツイーターの各内部配線材に、新開発で単品販売もする高級スピーカーケーブル2種類を新たに採用。これに合わせて、試聴を繰り返して音作り・チューニングも改めて行なわれているというのが違い。

ウーファー用には、絹を介在として使ったPC-Triple Cのケーブルを採用。ツイーター用には、マグネシウム芯線の外周に、PC-Triple Cを6本撚りした構造のケーブルを採用しています。

「KX-5」シリーズの成り立ちと特徴

「KX-5」シリーズは、2ウェイ・ブックシェルフ型のコンパクトスピーカーで、密閉型にこだわっているのが特徴です。また、ウーファーにはクルトミューラー製コーンを使用、また、アルニコ磁気回路を使うのも大きな特徴です。

もともとは、ビクターで同様の特徴を備えたSX-500シリーズなどを手掛けたエンジニアがクリプトンに移籍して、この路線でのハイクオリティースピーカーを追求するという流れがあります。

「KX-5」シリーズは、ビクター以来の伝統と、最新の技術の融合により、高い評価を受け続けています。

「KX-5PX」の基本的な内容は「KX-5P」と同様

「KX-5PX」の基本的な内容は「KX-5P」と同様。つまりは、ハイレゾにも対応できる高域のワイドレンジ性や、バイワイヤリング対応といった今日的な装備を備えています。

ツイーターには50kHzまで再生可能な砲弾型イコライザー付き35mm径ピュアシルクリングダイアフラムを採用。OFCエッジワイズボイスコイルと、貴重で高価なアルニコマグネットを使った壷型内磁気回路を採用。

ウーファーには、伝統の17cm径クルトミューラー製コーンを使用。こちらにも、エッジワイズロングトラベルボイスコイルとアルニコ壷型内磁気回路を使い、能率を高め、駆動力を改善しています。リニアリティに優れたブチルゴム・サラウンドエッジを採用。

エンクロージャーは、針葉樹系高密度(比重0.8)の18mmパーチクルボードを採用した密閉型。天然材突き板とポリエステルを用いたピアノ塗装の鏡面6面仕上げで、高級感と音響面での品位の高さを備えています。

吸音材は、純毛(ウール100%)の低密度フェルトと、クリプトンの吸音材ミスティックホワイト(ダイニーマ)をハイブリッドで使用。

スピーカーターミナルは、バイワイヤリング接続に対応。LOWとHIGH端子に、内部配線材と同じ、高級アクセサリーのPC-Triple Cショートワイヤーを使っています。

再生周波数帯域は40Hz~50kHz、クロスオーバー周波数は3.5kHz。インピーダンスは6Ω。定格入力は50W、最大入力は150W。出力音圧レベルは87dB。外形寸法は380×319×224mm(幅×奥行き×高さ)、重量は11kg。こうした物理スペックは「KX-5P」と同じです。

バイワイヤリング接続が推奨

本機はバイワイヤリング接続が推奨なのも特徴。そのため、バイワイヤリング用スピーカーケーブル「SC-HR2000」も10月下旬に14,500円/m切り売りで発売します。この線材も、内部配線と同じとしていて、音質的マッチングを図っています。つまり、ウーファー用とツイーター用はそれぞれに最適な線材として設計されています。

実のところ、従来機「KX-5P」の内部配線やジャンパーケーブルに、既に生産が終了しているPCOCC-Aを採用していたため、線材を替える必要があったようです。

オーディオ業界の現状とクリプトン

PCOCCが生産終了になることに象徴されているように、オーディオ関連の部品や素材の入手が一部困難になっているものがあります。また調達コストの増加もあります。クリプトンがこだわるアルニコなどもそうです。

そのために、クリプトンのスピーカーはサイズからすると高価な印象のものもありますが、それでも、支持者がいるからこそ継続できているのでしょう。今回のモデルチェンジではそれほどの価格上昇でないことは立派に思います。

クリプトンも、昔ながらのピュアオーディオ一本やりというのでもなく、ハイレゾ再生やBluetoothに対応したアクティブスピーカーでも注目を浴びており、うまく最新のオーディオ事情に溶け込んでもいます。

国内大手メーカーでさえも、本格オーディオ機器を出すのが難しくなっているだけに、クリプトンにはこれからも頑張って欲しいところです(スピーカー+KRIPTON)。

従来モデル・KX-5P 見た目はほとんど同じ

コメント

タイトルとURLをコピーしました