オーディオ

DAP

HiBy R8 SIMが使えるAndroid搭載DAP

中国のHiByはAndroid搭載DAP・R8を発表。最大の特徴はSIMカードスロットを備えている事。SoCにはSnapdragon 625、OSにはAndroid 9 Pieを採用とハイスペック。サイズ・重量が大きいのは気になる点です。
ヘッドホン

SENNHEISER HD 600、HD 650がリニューアル!従来機と新モデルを比較しての違いは?

ゼンハイザーはヘッドホン「HD 600」「HD 650」「HD 660S」3機種をリニューアル。デザインやパッケージを変更するだけで、内容や仕様、価格に変更はなし。完成度の高いロングセラーの定番モデルとしての存在感がより高まる印象です。
中華イヤホン

MOONDROP Liebesleid インナーイヤー型のハイクオリティーモデル!

中国の人気イヤホンメーカー・水月雨(すいげつあめ・ MOONDROP)ブランドが国内販売開始されることとなりました。美しい真鍮ボディが特徴のインナーイヤー型イヤホン「Liebesleid」が約24,000円で発売されます。
スピーカー

KRIPTON KX-5PX 新ブックシェルフ型スピーカー!KX-5Pと比較しての違いは?

クリプトン(KRIPTON)のブックシェルフ型スピーカーに新モデル。同社の看板シリーズともいえる「KX-5」シリーズの三代目モデル「KX-5PX」が10月下旬に発売されます。価格はペアで498,000円。2台目からの変更点を解説します。
オーディオ

AKG K240 STUDIO-Y3 3年保証のヘッドホン!従来機・K240 studioと比較しての違いは?

AKG「K240 STUDIO-Y3」が10月5日に発売。価格は6,500円前後とリーズナブル。なんのことはない、「K240 Studio」となかみは全く同じで3年保証になっただけ。大定番の名機が、より手厚い保証が付いてさらにお得に。
アンプ

marantz NR1200 HDMI入力可能なプリメインアンプ!NR1710と比較しての違いは?

マランツは、HDMI入力を備えたステレオプリメインアンプ「NR1200」を10月中旬に発売します。価格は78,000円(税別)。AVアンプ「NR1710」をベースに2ch特化。両者の違いと選び分けのポイントを解説します。
DAC

audioquest DragonFly Cobalt MQA対応超小型USB-DAC!DragonFly Red/Blackと比較しての違いは?

audioquestの「DragonFly Cobalt」は同社USBメモリ型DAC/ヘッドホンアンプ最新作にして、フラグシップ。MQAレンダラー機能やiOS/Android接続対応はそのままに、さらなる高音質化を図っています。
DAP

Shanling M6 海外発表。2.5mm/4.4mmバランス接続両対応のハイレゾDAP!

SHANLINGはハイレゾDAP・M6を発売。同社初のAndroid搭載モデル。特徴はヘッドホン出力が3.5mm径に2.5mm/4.4mmバランスの3つを搭載していること。増加中のAndroid搭載のDAPのなかで存在感を示せるでしょうか。
CDプレーヤー

Pioneer PD-50AEをIFA2019で発表!PD-70AEと比較しての違いは?

PioneerはSACDプレーヤーの新モデル・PD-50AEをIFA2019で発表。2017年発売のPD-70AEの下位機種。アンバランス接続専用に絞り、新たにMQAやUSB-DAC機能を搭載するなど、機能性はむしろ高まっています。
イヤホン

Technics EAH-TZ700 ブランド初のイヤホンはD型で2.5mm径バランス接続/MMCX対応!

Technicsブランドから、同ブランド初となるイヤホン「EAH-TZ700」がIFA2019において発表されました。価格は1199ユーロ。シンプルなデザインのダイナミック型1基構成で2.5mm径バランス接続対応/MMCXリケーブル対応。