アンプ

TRIODE MUSASHI 同社初のKT150使用真空管プリメインアンプ

トライオードは真空管式プリメインアンプ「MUSASHI」を、8月1日より発売。価格は58万円。同社製品では初めてKT150を採用し、AB級プッシュプルの回路構成により定格出力100W+100Wという真空管式としてはかなりのパワーが特徴です。
イヤホン

Yinyoo Ash 1BA+1DDの低価格中華イヤホン!

YinyooのAshは1BA+1DDのハイブリッド構成で国内価格約3600円の低価格なイヤホン。低価格ながらカスタムIEMを思わせる美麗なハウジングが特徴。音はドンシャリ気味。音量は取りやすく、中華イヤホン初心者にもおすすめできそう。
イヤホン

SONY WF-1000XM3 欧州で発売へ!

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン・WF-1000Xの後継機・WF-1000XM3がヨーロッパで発売されます。価格は249ユーロ(3万円程度)。高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e により大幅に性能や音質が向上している模様です。
おすすめ情報・オーディオ

Boseのヘッドホンのおすすめ

世界的な音響機器メーカーである「ボーズ」。さまざまなオーディオ機器をリリースしています。リアルで迫力のあるサウンドが魅力で、スペックよりも音質にこだわりたい方におすすめのブランド。今回はボーズの魅力と一緒におすすめヘッドホンをご紹介します。
DAC

Yudios YD-38432K ブランド初のUSB-DAC

Yudiosは、USB-DAC/DDC/ヘッドホンアンプの「YD-38432K」を発売。価格は17,800円(税込)。DACチップに「ES9018K2M」を搭載し、PCM 384kHz/32bit、DSD 5.6MHzまでの再生に対応。
DAP

FiiO M11 Pro AK4497とTHX採用のハイレゾDAP!

ミドルクラスのハイレゾDAP・M11の国内発表が決まったばかりのFiiO。本国ではM11の上位となるM11 Proが発表され、話題となっています。内容はかなり異なっていて、型番が共通なのが不思議なほど。他にもFiiOはDAPを出す予定です。
DAP

HIFIMAN R2R2000(RED) PCM1702採用の注目DAP!

HIFIMAN JAPANは、ハイレゾ対応DAP「R2R2000(RED)」を6月20日より発売すると発表しました。オープン価格で予想実売価格は10.5万円程度。 同社の最上位DAP・R2R2000(2018年発売・実売20万円台半ば...
ディスプレイ

DMM DKS-4K55DG3 4K/HDR対応の格安モニター!RGBW!

DMM.comは4Kモニター「DMM.make 4K DISPLAY」シリーズ第3弾を発表。4K/HDR対応で55型が65,800円など格安。一方、43型と55型はRGBWパネル。価格と内容のバランスを見て用途や要求に応じて選びたいところ。
おすすめ情報・オーディオ

ネックスピーカーのおすすめ

肩に掛けて使用するウェアラブルスピーカーであるネックスピーカー。イヤホンやヘッドホンのように疲れにくく、スピーカーのように騒音で迷惑になりにくい新時代のオーディオです。最新ネックスピーカーの選び方とおすすめモデルをご紹介。
イヤホン

FiiO FA7J ハイコスパな4BA高級イヤホン登場か!

FA7Jはすでに海外発売されているFA7を日本向けにカスタムチューニングしたイヤホン。6月7日に約3.8万円で発売。4BA構成でハイレゾ対応のスペック。「色付けの少ないモニター志向のチューニング」による音質が注目。